静岡県袋井市、掛川市、磐田市人工芝専門店の丸幸

ブログ

新築外構で人工芝を相談するポイントや注意点

新築一戸建て購入後の外構工事の相談に戸惑いを感じる人は多い。

静岡県内の中部西部エリアでも二世帯、単世帯の規模を問わず車を必要とするライフスタイルになる家庭が多いため、どうしても駐車場に目を向ける人は多い。

しかし、実際に生活をする上では、子育ての悩みも深刻になっている。

特に新型コロナウイルスの影響により、静岡県では2020年7月はいよいよ自分の住む市区町村でも確認されてしまったと焦りや不安の声が聞こえてくる。

駐車場ももちろん自然災害や洪水、豪雨、突風、竜巻などの影響や視線や生活動線の考え方から軽視することはできない。

しかし、外構は庭も放置するわけにはいかない。

防草シートをただ庭に敷くだけではセキュリティに不安も残る。

フェンスや塀はどこまでの高さが必要なのか?

目隠しは必要なのか?

植栽等で少しでもテラスから見えるアプローチ周辺をきれいに彩りたい。

このように、ガーデニングなどにも目を向ける人の意見も出てくる。

さまざまなエリアでのそれぞれの家庭のブログを見ては、自分たちの家の完成までにいろいろな例を探していると思います。

では人工芝を考えるには何をどう意識すればよいのか?

完成までの流れとして重要なポイントをご紹介していきます。

新築外構に人工芝を採用するべきか?

まず最初の事例は、家の玄関前や庭、駐車場を含めてどこまで費用を捻出できるのか?

コンクリート費用は高い!

庭には木や緑が必要だと実感している。

このような依頼があった際には、まずは全体の価格設定をどのように考えているのかを確認することが重要。

別に高いならいらない!

このように簡単に諦められるなら問題はないと思います。

屋外収納も欲しいし、防犯も心配。

のちのち草が生えてこない状態にもしたい。

やりたいことや心配していることは多いですが、実際に業者に依頼してすべてをカバーしようと思うとかなり大変です。

ですから、まずは下の内容をじっくり考えることが重要です。

このように、ほかの部分に必要な予算やプランと掛け合わせて総合的にイメージをしていくことが大切です。

失敗してからのやりなおし

お客様の声を聴いている上で共通点も多いです。

それは、以下のような悩み。

見積もりを見て、少しカットできそうな部分だけを削る。

これで失敗した後というのは、意外と子供や税金等いろいろなことにお金が必要になってリフォームをするような予算が確保できないケースも目立ちます。

和風?モダン?

表札1つでも色々デザイン性が強いような商品が出てきている時代。

大きくイメージと違ってしまった時には、正直跡が大変。

この認識を持って、次のリフォームまでのサイクルや子どもの成長などいろいろなことに目を向けて検討しておくことが大切です。

丸幸なら人工芝はもちろん、
お庭以外の防草対策、
リフォームやウッドデッキなど
何でもトータルサポート
お気軽にお問い合わせください

0120-86-4148
受付時間 平日 9:00-17:30

お問い合わせ